霊柩車のことなら、一般社団法人 全国霊柩自動車協会へお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

全国霊柩自動車協会

霊柩運送事業とは

目的

全国霊柩自動車協会は、一般貨物自動車運送事業(霊柩)の適正な運営及び公正な競争を確保することによって、事業の健全な発展を促進し、以て公共の福祉を増進すると共に事業の社会的、経済的地位の向上を図ることを目的とする。

事業

  • 霊柩自動車運送事業に関する指導、調査及び研究。
  • 霊柩自動車運送事業に関する統計の作成及び資料の収集。
  • 霊柩自動車運送事業に関する知識の普及及び広報。
  • 行政庁の行う貨物自動車運送事業法その他法令の施行の措置に対する協力。
  • 霊柩自動車運送事業の経営改善や適正化対策等の施策の推進及び会員に対する啓蒙。
  • 関係行政庁に対する陳情、建議及び意見の開陳。
  • 関係団体との連絡協調。
  • その他本協会の目的を達成するために必要な事業。

以上の協会設置の目的と事業を達成するために、
全国霊柩自動車協会は、以下の活動に力を注いでいます。

  • 利用者の皆様に提供する搬送サービスを、質の高いものにするためには、会員企業の従業員の質的向上が不可欠です。このため、全国霊柩自動車協会では、全国レベル並びに九つの地方ブロックレベルでの人材開発研修会の開催や中小企業大学短期講座の受講促進のための事業を継続して行っています。
  • 全国霊柩自動車協会は、皆様にとって、まだ馴染みの少ない団体です。このような協会のあることを知って頂くため、また、あってはならないことですが、地震などの自然災害時における万一の備えとして、全国の自治体との間に緊急時における搬送のための事前協定の締結を進めています。
  • 霊柩運送事業は、霊柩自動車で公道を走ることで成り立つ事業です。このことから、環境に充分な配慮が必要と考えており、エコ・ドライブの徹底や低公害車の導入の検討などを進めています。
  • 霊柩運送事業を行うには、貨物自動車運送事業法に基づいた国からのライセンスが必要ですし、事業を行う際も法律の規制に従ったものでなければなりません。運賃の適正収受や安全運行の確保など、法律を遵守した適正な事業運営の徹底を図っています。
  • 霊柩運送事業は、葬儀という仕事の中で無くてはならない事業です。この事業を将来にわたって皆様に提供し続けるためには、次の世代を担う者の育成が大切なことと考えています。このことから、人材育成青年研修会を毎年開催し、社会への貢献を第一に事業運営を行う後継者を育てています。

 

組織

会員及び役員数(平成29年6月27日現在)

会員数
正会員 44名(44都道府県)
賛助会員 5名
理事・監事数
理事 29名
会長 1名
副会長 8名
専務理事 1名
監事 2名

■正会員とは
都道府県単位(北海道にあっては運輸支局単位)に組織された霊柩自動車運送事業者の団体。

■賛助会員とは
本協会の事業を賛助するため入会した法人又は団体。

組織図(平成29年6月27日現在)

組織図

 

定款

一般社団法人 全国霊柩自動車協会 定款ダウンロード

ダウンロードされてからご覧ください。

 

役員名簿

一般社団法人 全国霊柩自動車協会 役員名簿ダウンロード

ダウンロードされてからご覧ください。

 

事業報告・事業計画

平成28年度事業報告・平成29年度事業計画ダウンロード

ダウンロードされてからご覧ください。

 

財務諸表

財務諸表ダウンロード

ダウンロードされてからご覧ください。

 

おくる心を大切に〜葬送文化を守ります〜一般社団法人 全国霊柩自動車協会へお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

ページトップへ

−霊柩車についてのお問い合わせ・ご相談は、全国霊柩自動車協会へ。−